読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

信じてきたものはそれぞれに 譲れない部分もそれぞれに

 

田口くんが脱退、退所することについて思うことをたらたらと書こうかと思います。

 

ベストアーティストであんなことが起こる直前まで、「JUMPからのKAT-TUNとか私得♡やったー!」って大喜びしてたのに、天から地に叩きつけられたような思いでした。

仕事中はなんとか集中していてもやっぱりふと頭に浮かんでは目の奥がツンとしたり、昨日は全然喉を通らない晩御飯と食べながら母親の前で泣いてしまいました。

24歳の社会人が。情けないね~~~~~

 

今までのKAT-TUNに起きたこととか、その都度抱いてきた考えとか、これからの展望とか書いていくととてもじゃないけど語りつくせないというかそれこそ居酒屋でオールする勢いになるので割愛します。

 

ここで書こうと思うのは、「人生の選択」っていう点を自分とリンクさせて思ったことです。

というのも、私自身、今年の4月末で新卒入社した会社を辞め、つい最近の11月初旬に転職して新たなスタートを切ったところだったからです。

前の会社は夢があって、やりたいことがあって入ったわけだけど、目先の夢しか見えていなかったせいで改めて数年後のビジョンを描くことができず、かつ人間らしい生活も送れないほどの労働条件であり、「本当に自分の人生を良くするには?」とか「生きがいである趣味の時間を取るには?」と考えた結果、土日祝休みでもっとお給料がいい仕事なんていくらでもあるんだからここにとどまる時間もムダだと考えて退職しました。

 

転職するまでに遠回りしたものの、転職した会社は普通に働けば定時の18時で帰れるし、土日祝日は休みだし、年末年始とかお盆休みは長いし、お給料も前よりいい。

だからこそ、「自分の一度きりの人生、いくらでも良くすることは可能だし、理想や歩みたい人生に近付けることはできる!」と思いました。

「仕事辞めたい」と相談してくる友達にも、「人生なんていくらでも変えられるよ」とか「従業員には辞める権利はあるし仕事を選ぶ権利もある」みたいな、知ったような顔をしてアドバイスしたりとかしちゃってたんですよね…。

 

ただ、それがアイドルという職業だった場合どうなのか?

 

アイドルと一口に言っても、その中で絞ったとしてジャニーズと一口に言っても、ステージの本当に端の端で踊っている10歳前後の少年が「辞めたい」と言うことと、CDデビュー10周年を目前に控えて、グループ・ソロともにレギュラー番組をもって何万人というファンを持つ30歳手前の人が言うことはどう考えても同じものとしては扱えない。

後者が身の回りにいたとして、「辞めたい」と相談された日に私は「人生はいくらでも変えられるよ」なんて軽いことが言えるのでしょうか。

 

普通ならここまでの地位にのぼりつめておいて今になって辞めたいだなんて思うことの方がどうかしてるぜ、って感じですがまぁ人間ってのは本当多種多様というか、「普通」って概念も難しいというか。

 

現段階でファンの中でも意見がかなり飛び交っていて、自分の発信する主張が多数派だとも言い切れないしそこは人それぞれの考えがあるのが当然だと思います。

過去2回経験していることですからよくお分かりだとは思いますが。

 

察しのいい方は気付いたと思いますが、タイトルはNEWSの「share」という曲の歌詞の一部分です。

人生の選択をする中で、譲れない部分ってそれぞれありますよね。

 

私は転職する際に、というか転職しようと思ったきっかけはやっぱりジャニオタとしても友達と遊ぶにしても「土日休みでちゃんと自分の時間が取れる仕事がいい」ってことでした。

新卒で入社したときは休みがないとか寝れない帰れないといった点も覚悟の上で、それでもやりたいことがあったはずなのに、働いているうちにそれよりも大事にしたいものが自分の中でどんどん大きくなっていった結果です。

 

だから今回の彼の選択は、そりゃあファンとしては到底理解できないけど、気持ちの面では理解できることもある、というのが正直なところ。

 

アイドルとはいっても一人の人間、と言ってしまえばそれまでですがそれでもアイドルはアイドル。それほど特殊な職業なんだなぁってことを今改めて思い知らされています。

 

過去の二人のときはどこか「やっぱりなぁ」みたいな感じで気持ちの落としどころがあったのですが、今回はそんな素振りが全然見えなかったので本当にまだ夢なんじゃないかと思うことが多々あります。

 

あとは残された3人とこれからが気になりますが、本人たちに続ける意志があって私たちファンを楽しませよう、とか私たちに見せたい景色があるとするならもちろん一緒に進んでいきたいし同じ景色を見たいところです。

でも今はそんなに慌てなくていいよ、と言いたい。

2013年のときは事が起きてからかなりバタバタとカウコン・勝詣といったイベントが組み込まれて、ファンのことを思ってくれてることが伝わってきましたが、今回はゆっくりこれからのことを決めてもらっていい。むしろゆっくりしてください。

 

これから3月までどんな気持ちで4人のKAT-TUNを見たら良いのか分かりませんが、まだ発表されてから2、3日ですしまだまだ落ち込んで悲しんでもいいよね…

 

いろいろな思いを振り切って無理をしてやってきた仕事も今日が終わればとりあえず休みなので土日はゆっくり休もう!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

JUMP沼への軌跡

ひっそりと、今年に入ってからHey!Say!JUMPの伊野尾くんにドハマりしてしまい、
事務所の猛プッシュにまんまとひっかかる感じではありますが、結果として掛け持ちのようなかたちに落ち着いています。

最初はつまみぐいというか、ちょっと見てみるだけのつもりが
今ではコンサートで遠征するほどになってしまい…

なぜこんなにお池(沼)にハマってさあ大変、なことになったのかを振り返ってみたいと思います。


どこからどこまで書くか、キリがないので悩むところですね…



デビューからまったく意識して見てこなかった彼らを意識したところからはじめるとします。

去年の少年倶楽部プレミアムにJUMPがゲストとして出たときがきちんと見ようと思ったきっかけだと思います。


亀梨くんがお気に入りの伊野尾くん。
もともと私は、JUMPの中だったら伊野尾くんを応援したい!と言っていたのですが、
それは亀梨くんが伊野尾くんを気にいっている理由と同じく、
その目立たないポジションとかゆるゆるふわふわしたたたずまいが気になって、半分ネタ(?)のような感じで応援してました。


少プレで「Ready Go」を披露しているのを見て、今まで歌番組でもろくに見てこなかった彼らのパフォーマンス力に驚きました。
第一印象は「ボタニカル柄の衣装派手だな!!!」って感じでしたが、
KAT-TUNにはないような王道アイドルソングで9人という人数でのそろったダンス。
今までKAT-TUNばっかり見てきたので、勝手にみんな年下のかわいい子たち、と思っていたのですが
このときに「あ、みんな成長して大人になってかっこよくなったな~」としみじみしました。

でもこの時点ではまだどっぷり転げ落ちるほどまではいかなくて、
2014年の夏~冬は前記事でも言ったように忙しく過ごしていたので、そこまでテレビなどで注目することもなく。
ただ、金田一やってるな~とか、ウィークエンダーいい曲じゃん!ぐらいでした。

 

余談ですが、5月にJUMPが東京ドーム公演をやっている頃、私は後楽園駅から2駅のところに住んでおり、定期圏内でもあったためよくラクーアで買い物していました。

たまたま東京ドーム公演の日に私もラクーアにいて、JUMP担が集まってわいわいしているのを見て「いいな~KAT-TUNも早くコンサートやってくれ…」とうらやましく思っていたのです。

(この数日後にKAT-TUNの夏ツアーが発表されました)

 

けっこう安い値段で「譲ります」って紙を持ってる人もいて、興味本位で入ろうかなと一瞬思ったのですが、「こんなフラっと買い物に来たついでに入るのも失礼だなぁ、しかも曲もシングル曲でさえあんまり知らないし。9時から田口が出る番組見たいし。やめとこ。」と、思いとどまりました。伊野尾くんのうちわだけでも記念に…とも一瞬思いましたが、「いや、そのお金はKAT-TUNに使え」と言い聞かせてこれもやめました。

この決断をあとから非常に後悔することになるのですが(笑)




で、いつごろだったか時期は忘れましたが、ウィークエンダーのPVを見てみようと思ってネットで見たところ、やっぱりあの9人でのそろったダンスとか、今まで見たことなかったようなセクシーな感じとか、大人数でわちゃわちゃしてるのを見て「楽しい!!!!」という感覚を覚えます。

やっぱりメンバーの中では伊野尾くんの見切れたり見切れなかったりの立ち位置を探すのが楽しかったり、たまにソロパートがあるとテンションが上がったり、かなり意識するようになって、
おもむろに「伊野尾慧」で検索、ネットの海を泳ぎます。

伊野尾くんのテキトーエピソードのまとめだったり、
明治大学を4年で卒業したり、けっこうキレのあるコメントができるような頭のきれるとこ、
また伊野尾くんの画像を検索し出したら止まらない。

たぶんこれが年末ぐらいのことかな。

動画サイトでもちょこちょこ動画見たり曲を聞いたりしてる中で、
私がJUMPにハマっていく大きなきっかけとなる曲を知ってしまいます。

「oh!アイドル」

画像検索してるときにも、3人がカラフルなトレーナーとハチマキを身にまとって昭和のアイドルのような恰好をしているのを見てかなり気になっていましたが、
曲を聞いたときに点と点が線になったというか、
もうとにかく「アリー!イーノ!オカモトケイト!」のC&Rが楽しすぎて、これをコンサートに行って生で楽しめた人はどんな興奮だったのだろう、とうらやましく思いました…


そんな日々の中で、年末へと迫っていくと音楽特番も増えます。
今まで見向きもしてなかったけど、その年初めてKAT-TUN以外のアーティストをしっかり見た気がします。

KAT-TUNのカウコンの前日、12月29日。
次の日の30日は始発の新幹線で大阪に行くと決めていたので、夜更かしはしない方がよかったのですが、
遠征の準備もダラダラとしてしまい、しかも「いただきハイジャンプ」の特番第1回目が放送されるとあって、結局リアルタイムで見て夜更かしをしてしまいました(笑)

一応録画もしていたのに(笑)

でもこの時点でもまだつまみぐい程度の意識だったので、録画していた番組も1回見て消してしまいました。
そこまでハマってなかったんですね。
「あ~やっぱり伊野尾くんかっこいいわ、他のメンバーもいい、おもしろい」ぐらいで。

これを消したことを、またまた数か月後死ぬほど悔やむことになるとも知らず(笑)


年が明けてしばらくはやっぱりKAT-TUNのことばっかり考えていて、JUMPが少し遠のきます。
東京のカウコンがマッチリサイタルだったということは友達から聞きました(笑)

この友達というのが私にとってまたけっこう影響力のある人物でなのですが、
辞めた会社の同期でした。今はお互い辞めちゃってますが。
友達は田中聖担当でしたが、今ではいろんなグループに好きな人がいて、事務所担のような掛け持ちのような、って感じでやっています。
その中にJUMPの知念くんが入っていたわけです。

JUMPにハマる前からそれは知っていましたが、「へぇ~知念くんか…田中聖とギャップありすぎだろ」ぐらいにしか思ってなかったです(笑)

その友達に「最近伊野尾くんにハマってるどうしよう」と話をしたところ、すごい勢いで食いついてきて、
沼にひきずりこまれる、とまではいきませんが、出演のテレビ番組の感想を言い合ったりして、その楽しさがますます私をJUMPへと引き込んでいったのかもしれません。
やっぱりオタク友達がいると楽しいものですからね。


で、年が明けてからは穏やかな日々を過ごしていたのですが、
「oh!アイドル」を披露したコンサートDVDが2月に発売になると聞いて、
「ほしい!買わなきゃ!!!!」と思いました。

迎えた発売日。私は仕事が忙しく、予約もしていなかったため、
「まぁ落ち着いたら買いに行こ」とのんびりしていたんですね。
完全にKAT-TUNと同じ感覚でいて、予約しなくても発売から数日は初回盤も普通に店頭にあるでしょ、ぐらいのゆるい気持ちで。
まだそこまでハマってるわけじゃないし、別に初回盤じゃなくてもいいや、あったらラッキー、ぐらいにしか思ってなかったんですね~。

発売日から数日たっていざ買いにいったら、初回盤どころか通常盤すら売り切れている店が多くて私は愕然としました。
なんとか通常盤を手に入れ、そこからは狂ったようにDVDを毎日見続ける日々が始まります。

このDVDこそが私をどっぷりハマらせたと言って間違いないし、
今JUMPが気になるな~という人にこのsmartコンDVDを差し出せば一発で落とせると思っています(笑)

DVDを見ながら「JUMPちょーーー楽しいじゃん!!!!!!」と思いながらも引っかかるのは初回盤のこと。
伊野尾くんにどっぷりハマってしまったからには、マルチアングルがなんとしてでも見たい。
(ピンクのポーチは別にいらなかった)

結局、オークションで定価に少し上乗せしたぐらいの価格で初回盤DVDを買い直しました。
後悔はしていません!!!!!!!!!!!


それからというもの、リトルトーキョーライブを欠かさず録画したり、
伊野尾くんの主演舞台にともなう雑誌ラッシュの記事に心打たれ、ますます「好き」は加速しました。


3月の末になり、JUMPのツアーがあると発表され、私の心はざわつきます。
行きたい!けど、今はまだギリギリ茶の間レベルを保っているけどコンサートに行ったらいよいよ戻ってこれないところまで行ってしまう!
いいのか!?掛け持ちになるぞ!?ファンクラブ入るのか!?

いろいろと考えましたが、同期である友達に背中をおされてファンクラブ加入。
そしてコンサート申込み。
締切ぎりぎりでした(笑)

最初は横アリだけ行ければいいか~と思っていたのに、
友達の熱量にのせられる感じであれよあれよと言う間に初日の仙台と名古屋に参加することを決めました。

友達がチケットを取ってくれたおかげで、6月のワクワク学校にも参加しました。

言い訳みたいになりますが、今年の夏は5月のドーム公演を皮切りにしたKAT-TUNツアーがあると信じていたのに、それがないと分かった瞬間「ええい!今年の夏はJUMPに捧げるっ!」と自暴自棄?になってしまいました。
(亀梨くんの舞台は別モノです…やっぱりコンサートが恋しいのです…)


最初は気持ちにブレーキをかけていたこともあって踏みとどまることもありましたが、
「好きなものは好き」と開き直り、急きょ伊野尾くんの舞台のチケットを買って行ったし、
雑誌も写真が良ければバンバン買ったし、ジャニショで写真も買ったし、
smartコンDVDとせんせーしょんずで「初回盤は予約しないと手に入らない」という教訓も得たからchau#は予約して買ったし、

とまぁ、もう茶の間とかなんとか関係なく、買いたいものは買って好きなだけ楽しむことにしました。

もちろんKAT-TUNは今までどおり好きだし、ほぼグループ担みたいな感じなので
担当という概念もあんまりなく、担降りとか掛け持ちとかいう概念もあまり意識していません!

それでもカモナマイハウスの歌詞はなかなか胸に刺さるものがありますが(笑)

KAT-TUNの夏のツアーがなかったのはとても寂しいですが、カウコンはあると信じているし、
もちろん少プレとかでKAT-TUNとJUMPが共演する際にはひゃっほう!って喜びます。
亀梨くんが伊野尾くんを気にいって名前をよく出してくれるのも嬉しい限りです。


ツアー初日の仙台に入って、久々に遠征する感じもワクワクして楽しかったし、
なによりコンサートそのものがすごく楽しくて、KAT-TUNとはまた違った楽しさで
「ああ、本当に戻れないところまで来てしまったな…」と思いました!


JUMPがデビューしたときには
「なんでこんな無茶苦茶なことをするんだ!ヤーヤーヤーは!JJは!」と憤りを感じていたし、
ずっと子供の集まりだと思っていたし、曲もなんだか子供っぽいなぁ、なんて
KAT-TUN基準ですべてが形成されていた私にはそう写ってしまっていたのですが、

この年になって、私も成長して視野が広がった?ということと、
JUMPがみんなかっこよく大人になっていて、でもJUMPらしいキラキラ感とか若くて明るい感じが妙にハマってしまったんですよね。 



長くなってきたのでそろそろ終わりにしましょうか(笑)

今年に入ってからがっつりハマりだしたタイミングで
JUMPおよび伊野尾くんの猛プッシュがはじまって、24時間テレビまで本当めまぐるしく、JUMPもJUMP担のみなさんもお疲れ様でした、って感じですね…。

このタイミングでハマった私はまさに「永遠の新規」と言えるでしょう。
2度目のことですので慣れています。KAT-TUNでも永遠の新規なので(笑)

JUMPを好きになって駆け出した夏が終わり、今は少し落ち着いてしまって物足りない感じ(夏までが濃すぎただけなのですが)がありながらも、
10月の横アリ公演まで首を長くして待っている状況です。

早くチケットこないかな~~~~



というわけで、JUMP沼への軌跡の記録でした。
(まとめが雑すぎてすみません)